2011年02月17日

はたらくということ:OLからアロマへ②




①からの続き


新卒で勤めていた建設会社を、
「自分を変えてみたい」という想いもあって、
全く未経験のエステ業界に転職したA子さん。
店長職にも抜擢されたのですが思ったようにいかない日々。
その後・・


W:「不安な日々だったんですね。その後は、どうされたんですか?」


Aさん:「有期契約だったため、
一旦契約が切れたことをきっかけに派遣勤務に切り替え、
働きながらアロマの勉強をすることにしました。
どちらかというと、勉強を生活の中心に置きました。
アロマスクールへ通っている時は希望にあふれた日々でした。

卒業と同時にスクール系列でもある直営店勤務も決定していたので
派遣期間もその時期に合わせていたところ、
院長が納得するテナントが見つからず、暫く仕事がない状態に。。。。

つなぎの3ヵ月間は様々な仕事を単発業務で見つけては働く、
といった綱渡りの日々でした。

この時が一番経済的な不安に押しつぶされそうでしたが、
まだ希望があったため、なんとか乗り切った感じでした。

スクールへ通いながら、
『おや?』と思う節はいくつかありましたが、
“希望”が大きすぎ、その疑問に目をつぶっていた気がします。
きちんと、『組織としての雇用先』を見ようとしていなかったです。」




W:「希望が大きいと、冷静な判断が難しい場合もありますね。」


Aさん:「はい。今思えば、計画性がなかったなと反省する所です。
その後やっと、アロママッサージのサロンスタッフとして、
直営店での勤務になりました。

経済的不安からようやく抜け出せる安堵でいっぱいでした。
オープニングスタッフとして、備品を揃えるところから始まり、
店名や配置を考えたりすることにも加わりました。
皆で作り上げていく感じでしたが、
どこか現実感がなかった気がします。



W:「現実味、というと・・・。」

Aさん:「頑張ってはいたのですが。。。。
オープン当初は無休・フルタイムで頑張りました。
人が加わるにつれ、シフト制になり休日もとれるようにはなりましたが・・・・。

施術に対するサポート面では、他の直営サロンとは差をつけられました。

日々お客様の症状に対する疑問に答えようと報告しても
上の先生からのフィードバックはほとんどなく、不安でした。
ミーティングは店舗運営に関する内容ばかり…。
自分が行っている施術に対する不安を抱えていた日々でした。

自分の立場・先生の立場・組織の立場や、
その時の自分の人間的レベル・先生の人間的レベル・組織のレベル・・・・

あの頃から1年、2年と経つにつれ、今は冷静に判断できますが、
当時はそんな判断が出来ていませんでした。
色んな要素があったにせよ、あの時の判断や選択を誤った部分は、
後悔の気持ちが若干、残っています。」



W:「転機の際の選択は、難しい部分がありましたね。
その後は、どうされましたか?」


「結局は独立して、
自分でアロママッサージサロンの運営を始めました。

気持が完全に折れてしまいましたが親の元へ帰る時期でもなく、
一人でのんびりやろう、と始めました。
場所は知り合いに無償で提供頂きました。

気持ちの整理をつけるための休養期間のような感じもあり、
正直なところ、生涯そこで…という気持ちはありませんでした。

自分が食べていくだけのお金と、自由な時間があり、
のんびりとこの先について考えることができた時間でした。
場所を提供してくださった方へのご恩は、一生忘れないです。


③へ続く



同じカテゴリー(OLからアロマへ)の記事画像
はたらくということ:OLからアロマへ③
はたらくということ:OLからアロマへ①
同じカテゴリー(OLからアロマへ)の記事
 はたらくということ:OLからアロマへ③ (2011-02-18 09:13)
 はたらくということ:OLからアロマへ① (2011-02-16 14:43)

Posted by ひめじキャリア勉強会  at 09:31 │Comments(0)OLからアロマへ

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。