2010年10月29日

割増賃金ってどんなときにもらえる?

Q.私の勤め先は、残業をしても残業代がまったく支払われません。
  どんなときにもらえるのですか?





A.(1)法定労働時間を超えて働いたとき
  (2)法定休日に働いたとき
  (3)午後10時~午前5時までの深夜に働いたとき
     は、残業代(割増賃金)を受け取ることができます。

     なお、割増賃金を支払わない雇い主には、罰則もあります。



(1)法定労働時間を超えて働いたときは
   (時間外労働)通常の賃金の25%以上
(2)法定休日に働いたときは
   (休日労働)通常の賃金の35%以上
(3)午後10時~午前5時までの深夜に働いたときは
   (深夜労働)通常の賃金の25%以上を受け取ることができます。


また、
(1)時間外労働と深夜労働が重なった場合は、
   両者を合わせて50%以上
(2)休日労働と深夜労働が重なった場合は、
   両者を合わせて60%以上      の割増率となります。

ただし、時間外労働と休日労働が重なった場合は、
両者を合わせることはせず、35%以上の割増率となります。

割増賃金は、法律に基づいて必ず支払われるものなので、
たとえ、採用のときに割増賃金はないという約束をしていたとしても、
無効になります。

また、労働時間を正確に把握することは、雇い主の義務です。
労働者が法定労働時間を超える残業をしていることを知りながら
放置することも違法ですし、割増賃金も当然に支払わなければなりません。


タグ :割増賃金

同じカテゴリー(社労士和田健の若者労務ステーション)の記事
 採用担当者のホンネ(中途採用実態調査) (2011-02-11 19:49)
 有給休暇はどうやって取る? (2010-10-23 15:18)
 休憩時間は必要? (2010-10-13 08:00)
 始業時刻前のミーティングは労働時間? (2010-10-06 09:00)
 採用時の労働条件は書面でもらうべきですか? (2010-09-22 08:00)
 労働契約内容を変更するには? (2010-09-17 20:34)

Posted by ひめじキャリア勉強会  at 23:52 │Comments(0)社労士和田健の若者労務ステーション

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。