2010年10月13日

休憩時間は必要?

Q.私は早く帰りたいので、「休憩時間はいらない」と言ったのですが、
  会社に聞いてもらえません。休憩時間はとらないといけないのですか?



A.雇い主は、6時間を超えて労働者を使用する場合、
  途中に休憩時間を与えなければなりません。
  たとえ、労働者が「いらない」と言っている場合であっても同様です。
  また、休憩時間中に仕事をして休憩できなかった場合、
  その時間は労働時間として扱われます。



休憩時間とは、労働者が労働の義務から解放される時間のことをいいます。

雇い主は、1日の労働時間が6時間を超える場合には、
その途中に少なくとも45分間の休憩時間を、
8時間を超える場合には、少なくとも1時間の休憩時間を、
労働者に与えなければなりません。

1日の労働時間が6時間以下なら、労働者に休憩時間を与える義務はありません。
ただし、労働時間が6時間を超える場合は45分、
8時間を超える場合は1時間というのは、最低限与えなければならない時間ですから、
雇い主の判断で、それを超える休憩時間を与えることもできます。

休憩時間は労働時間の途中であれば、どこで与えてもいいですし、
分割して与えることもできます。


休憩は、労働者の心身の負担を緩和するためだけでなく、
その後の業務を能率的に実行できるようにする目的もあります。
法律上の最低限の休憩時間は、たとえ労働者がいらないといっても、
付与しなければ、会社は法違反の責任を問われます。


タグ :休憩時間

同じカテゴリー(社労士和田健の若者労務ステーション)の記事
 採用担当者のホンネ(中途採用実態調査) (2011-02-11 19:49)
 割増賃金ってどんなときにもらえる? (2010-10-29 23:52)
 有給休暇はどうやって取る? (2010-10-23 15:18)
 始業時刻前のミーティングは労働時間? (2010-10-06 09:00)
 採用時の労働条件は書面でもらうべきですか? (2010-09-22 08:00)
 労働契約内容を変更するには? (2010-09-17 20:34)

Posted by ひめじキャリア勉強会  at 08:00 │Comments(0)社労士和田健の若者労務ステーション

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。