2010年10月27日

既卒3年以内は新卒採用

少し前、大手商社が
採用スケジュールを遅らせるという発表の後、
それを追うかのように
「卒業後、3年以内は新卒扱いに」
という提言が発表された。



いいことも勿論ある。
学生が学業に集中出来る時間が十分にとれることは
とてもいいことだと思う。


この件は、賛否両論ある。



個人としては、どうか?
正直なところ、手放しで賛成とは言えない。


まず、大手商社のような人気企業なら
どんなに採用スケジュールを遅らせても
学生の応募は減らない。
他の内定をGETしつつ、商社にも応募が出来る
優秀な学生にとっては万歳歓迎だ。


困るのは、そうではない中小企業や、
そうではない学生だと思う。


せっかく内定を出していても
後から大手商社を受けて両天秤にかけ、
そちらで内定がでたら辞退されるリスクが高い。
じゃあ大手商社に合わせて採用スケジュールを
遅らせたらいいのかというと、単純にそうともいえない。
どこだって質の高い人材が欲しいし、それには
相応の時間やコストが必要だ。



また、学生にとっても全ていいとは限らない。


今の学生を見ていると、
3年生の秋から大手や人気企業に応募し、
ダメだった場合は現実調整をして、
4年の春頃から企業規模にこだわらずに広く目を向けて
何とか内定が出るというパターン。
就活が終わってから卒試や卒論にじっくり取り組み、
4年間学んだ集大成をしっかりできる学生も多い。



それが、遅れることによって
現実調整して次の視野に目を向ける時間や
ダメだった後の、残りの時間がなくなってしまう。



内定が出ない学生を見ていると、
時期の問題とは言えないのが現実。

3年生の就活が始まる時期になってから初めて、
「学生生活で頑張ったことは何ですか?」
の問いに答えられない事に気が付くのである。
気がついて、まだ3年生なら何とか取り返せる。
必死になって、何がしたいか考え、内省できる。
アピールが苦手なだけの学生なら、
時間をかければそれなりに表現できるようになり、
就活を通して見違えるほど成長できる学生もいる。



でも、そうでない学生は残りの時間がない。


卒業してから3年以内といっても、
就職浪人をして希望の企業に入れた学生は
かなりまれな、レアケースだ。
結局は問題を先送りしただけで、
無駄に年をとっただけ、が現実。
今出来ないことが来年出来るなんて保証はない。
人間、「いつまで」という期限があるからこそ
頑張れることもある。




無駄な人員に給料を払う余裕も、
学生時代ですら頑張れなかった人間を
入社してからわざわざ育てる余裕も、
今の企業には、ないのではないか。


このことを肝に銘じた上で、
前向きにチャンスを生かせるように、
大人は廻りの若者に働きかけてあげてほしい。



実は一部の優秀な学生や人気企業だけが、
この恩恵を受けることがないように、
いい方向に向かうことを願いたい。


  


Posted by ひめじキャリア勉強会  at 10:03Comments(0)☆情報集

2010年09月20日

博士が100人いる村

週末、ポスドクの仕事と課題というテーマで
勉強会に出席してきました。


大変充実した内容でしたが
衝撃の事実も。。。。。
日本のトップレベルの頭脳を持つポスドクが
実は100人中8人が死亡か所在不明だそうです。


詳しくは・・・
博士が100人いる村↓
http://www.youtube.com/watch?v=Liw1-Zjd-zo



ただの進路先の未確認が多いとは思いますが、
特に課題なのがバイオ系の研究職。
国もこぞってバイオ産業の人材育成をうたい、
博士増加に大学も取り組んできたのに、
進路が不安定なポスドクが非常に多いのが現実のようです。


おくねえも、就職活動で苦戦している方と面談しますが、
非常に真面目でコツコツ頑張る方が多いです。
また、国立大学のM1もこの先どうするか、ということで
悩んでいる学生が多いです。


ポスドクは、すべてストレートで進んだとしても28歳。
その年齢で大学しか知らない、社会を知らないのは
企業として使いにくいのは事実かもしれません。

でも、非常に優秀で研究に打ち込んできた人が
進路がないというのはやはり勿体ない。
逆にチャンスだと考えて、企業もポスドクの活用を
考えていただければと思いました。
  


Posted by ひめじキャリア勉強会  at 22:13Comments(0)☆情報集

2010年09月05日

非正社員の6割正社員になれず

厚生労働省は2日、
2009年の若年者雇用実態調査を発表した。

学校卒業後に非正社員として就職した人のうち6割は、
その後も非正社員として働いていることが分かった。

対象は15~34歳の労働者。
5人以上の従業員のいる9457事業所と、
それらの事業所で働く1万5124人が答えた。
昨年10月~11月に実施した。

労働者には、学校卒業後1年間の状況と
現在の就業形態を聞いた。
卒業後に「正社員として就職した」は71.2%、
「正社員以外として就職した」は22.9%、
「無業だった」は5.2%。

「正社員以外として就職」のうち、
現在も正社員以外の人は64.7%にのぼる。

男性は54.4%、女性は72.9%。
年齢別では、15~19歳が88.7%、20~24歳が79.6%、
25~29歳が61.3%、30~34歳で52.8%だった。

卒業後の若者調査
(2010年9月3日金曜日、朝日新聞朝刊より引用)



高校生や学生、若者へのガイダンスで
よく出てくるデータが今回発表された。

みんな「フリーターにはなりたくない」という。

フリーターやニートになりたくない、
なってはいけないとも分かっている。

でも、就職氷河期だった時代、
正社員になることがとても難しかった時代があったのも事実。


選ばなければ仕事はあるという考え方もあるが、
一旦就職してしまうとそんな簡単には辞めれない。
ひどい会社も沢山ある現代、そう簡単にはいかない。

今年もまた、正社員になれなかった若者が増えるかもしれない。


それでも、リベンジできる世の中であってほしい。
いや、そうなるべきだと思う。
  


Posted by ひめじキャリア勉強会  at 15:21Comments(0)☆情報集

2010年09月02日

有効求人倍率西播磨0.61倍

厚生労働省が27日発表した
7月の兵庫県内の有効求人倍率(季節調整値)は、
2か月連続で0.50倍だった。
(8月29日 朝日新聞掲載より)

1月から横ばいが続いているが、
兵庫労働局は
「微増が続いている状態で水準はまだ低く、
依然として雇用情勢は厳しい」とみている。

7月中に新たに職業安定所に届け出があった求職者数、
求人数でみた新規求人倍率は
0.87倍で、前月より0.01ポイント下がった。

地域別の有効求人倍率は、2か月連続で全地域が
前年同月を上回った。

■7月の地域別有効求人倍率
カッコ内は前年同月比の増ポイント

神戸  0.48(0.03)
阪神  0.36(0.03)
東播磨 0.41(0.07)
西播磨 0.61(0.19)
但馬  0.49(0.08)
丹波  0.45(0.09)
淡路  0.72(0.08)


これで見るとわが西播磨は0.61倍と
一見、健闘しているようだが、
果たして中身はどうなっているのだろうか。

大半が非正規雇用だったり、
経験者重視で、若年の雇用自体は
厳しいと思う。

だが、氷河期に雇用を絞り込み過ぎた結果が
今のアンバランスな職場環境を
生み出していることは否めない。

かといって、当の若者達も
危機意識がなさすぎるように感じる。
人事や上司があきれるような常識のない態度をとる
若者も少なくない。
あせっているはずなのに、
人としての大切な能力がついていっていない。

何かの歯車が狂っている。
その歯車を、今の自分の目の前の世界で
何か正せることはないか。

一人一人の大人が、
注意深く若者を見守りながら
あるべき姿を見せていくことの積み重ねが
明るい未来と若者を育てるのではないだろうか。






  


Posted by ひめじキャリア勉強会  at 12:07Comments(0)☆情報集

2010年08月16日

若手・中堅研修事例

「自分史」使い若手・中堅研修


電子機器・半導体商社の立花エレテックは8月、
これまでの人生を書き記した「自分史」を使った若手・中堅研修を始める。

入社4年目前後と9年目前後の社員が対象。
自分史をもとに自己分析し、進路の選択に生かす。

「自分史作成プロジェクト」は総合職を対象に、
モチベーションが変化した出来事や
やりがいを感じた仕事などを互いに披露する。
社員同士で話し合って各人の持ち味や興味などを分析する。
会社もこれらの分析結果を人事異動などの参考にする。

同社ではここ数年、
新入社員の3年以内での離職が目立っているという。

(日経新聞 8月16日「働く」掲載分を引用)



驚いたのは、会社に入ってからも
自己分析が必要だったり、
内容が、学生がやってるグループワークと
ほぼ変わらなかったところだ。

若手社員に原因があるのか、
そういう時代なのかは分からないが、
企業側の対応が多様化しているし
大学や高校が現在、学生に行っている
「自己分析ワーク」が、今後は
社員研修で必要とされるかもしれないということ。

昔ながらの育成方法では
成り立たない時代になっていますね。
  


Posted by ひめじキャリア勉強会  at 15:30Comments(0)☆情報集

2010年08月02日

サラリーマンの「三鈍」

サラリーマンの「三鈍」という考え方があるそうだ。



キャリア・ポートレート コンサルティング代表の
村山昇氏によると・・(以下引用)↓


サラリーパーソン、
特に大企業勤めや公務員は「守られた働き人」です。
守られるがゆえに“鈍化病”を発症します。


 「貧すれば鈍する」とは昔から言いますが、
同じように、サラリーマンにおいて、
「安すれば鈍する」ことが起きると私は観察しています。

 つまり、安心・安穏とした守られた状態に身を置き続けるうちに、
働く意識がいろいろと鈍ってくるという症状です。
私はこれを「サラリーマンの鈍化病」と呼んでいます。
あるいは「キャリアの平和ボケ」といっていいかもしれません。


私が感じる「鈍」とは、次の3つを指します。
1)変化に鈍くなる
2)超えることに鈍くなる
3)リスクを取ることに鈍くなる


GLOBIS.JP「キャリアの羅針盤」より引用
http://www.globis.jp/1388



要するに、変化やリスクに対して
臆病になっていくことか。。。


何か今の日本を見ているとまさにこの
「平和ボケ」を様々なところで感じる。
大企業や公務員に限らない。
望めば何でも手に入り、いざとなれば国が守ってくれる。
いまだにそんな風に思っている人も多いのではないか。


そういえば
公務員志望の学生に志望動機をホンネで聞くと
「安定するから」が最も多い。
まあ、その段階で厳しく追求することになるのですが(笑)


安定したい、もちろんそれは待遇面でのホンネだとしても、
変化に弱い人間が公務員を目指す、そうであってはいけない。



公務員や大企業の会社員を否定はしないが
この国のために会社のために何ができるか?
真剣に考え、必死に取り組む。


やっぱりそんな人材が現場で活躍して欲しいと
願うばかりです。  


Posted by ひめじキャリア勉強会  at 09:56Comments(0)☆情報集

2010年07月30日

人事向けセミナー情報

採用担当者向けのセミナーのお知らせです。

テーマは「量」から「質」の採用へ


社会人基礎力をテーマにした大学の取組実践例や、
グループディスカッションの実施方法、体験があります↓

http://www.hari-match.com/2011/images/pdf/100908.pdf


姫路では初の試みですのでぜひご参加ください♪

注:人事採用担当者向けへのセミナーです。
求職者やキャリコン向けではございませんのでご注意ください。  


Posted by ひめじキャリア勉強会  at 23:03Comments(0)☆情報集

2010年01月27日

キャリアカウンセリングに関するHP

キャリアカウンセラーの資格や
キャリアカウンセリングについて




☆国家検定 キャリア・コンサルティング技能検定
国家技能検定のHP
http://www.career-kentei.org/


☆キャリアカウンセリング協会
http://www.career-npo.org/


☆キャリア・コンサルティング協議会
http://www.career-cc.org/


☆GCDF-Japanキャリアカウンセラートレーニングプログラム
http://www.career-npo.org/GCDF/


☆厚生労働省HP 「キャリアコンサルティングとは?」
http://www.mhlw.go.jp/bunya/nouryoku/kyarikon/


☆キャリア・コンサルタント養成講座
http://www.js-career.jp/


☆(社)産業カウンセラー協会
http://www.counselor.or.jp/


☆日本ドレーク・ビーム・モリン株式会社
http://www.dbm-j.co.jp/


☆特定非営利活動法人 日本キャリア開発協会
http://www.j-cda.org/


☆特定非営利活動法人 日本キャリア・マネージメント・カウンセラー協会
http://www.cmcajapan.net/


☆財団法人 関西カウンセリングセンター
http://www.kscc.or.jp/


☆株式会社テクノファ
http://www.tfcc.jp/


☆ICDS キャリアコンサルタント・養成講座&検定
http://career.icds.jp/


☆特定非営利活動法人 エヌピーオー生涯学習
http://www.npo-sg.com/








  


Posted by ひめじキャリア勉強会  at 01:44Comments(0)☆情報集