2010年07月29日

就活Q&A(インターンシップの服装は?)

Q.インターンシップに参加するとき、何を着ていけばいいでしょうか?


A.やはりスーツがいいですね。
  「自由な服装で」と指示される企業もあるようですが、その場合は
  ビジネスシーンにふさわしい、清潔感のある格好をしましょう。
  「自由」=「何を着てもいい」ではありません。
  TシャツにジーンズはNGです。
  男性は、シャツに綿のパンツ。
  女性はシャツ・ブラウスにスカートまたはパンツがいいでしょうOK
    
    


Posted by ひめじキャリア勉強会  at 22:52Comments(0)こくぼんのシューカツ応援日記

2010年07月21日

就活Q&A(インターンシップ編)

  就活に関する質問を紹介していきたいと思います。
  今回はインターンシップでよくある質問です↑


Q.第一希望の企業のインターンシップの選考に落ちましたガーン
  本番の採用選考にも影響ありますか?


A.インターンシップの選考に落ちたからといって、
  本番の採用選考には影響はありません。  
  インターンシップには参加できなかったけれど、
  就活をして内定をもらった先輩もいます。大丈夫ですよgood

  しかしなぜ通過できなかったのかを分析する必要はあります。
  その結果を実際の就活で活かせるようにしましょう。
  もし書類選考が通過しなかったのであれば読み返して、
  「志望動機から熱意や意欲は伝わるか」、
  「文章は読み手に伝わりやすくまとめられているか」など
  確認してみましょう。
  第3者(友人・家族・キャリアセンター等)に読んでもらい、
  アドバイスをもらうのもいいですよピカピカ
  


Posted by ひめじキャリア勉強会  at 20:35Comments(0)こくぼんのシューカツ応援日記

2010年04月28日

リ・スタート

4月は始まりの季節。
新入生、新社会人。
春ってわくわくしますよねサクラ



この時期のキャリアセンターを訪れる学生さん。
2分化されています。
①順調に就活が進んでいる人。
→こちらは順調なんでほとんどきません(笑)。たまに経過報告に来てくれます。
②エントリーシート・1次2次面接で落ちてしまって、次週の予定がない人。
「私、就活のスケジュールが真っ白なんです」
「内定を取れる気がしません。自分の方向性がわからなくなりました」等々。
不安で今にも泣きだしそうな学生さんもいます。
学生さんも、就活はゴールではないってわかっています。
でも内定をもらえないと、スタートにも立てないって思っています。


「お祈りメール※」が届くと、辛い。
自分は志望先にとって必要がないって、否定された気分になるんですよね。
でも前を向いて進まなくてはいけない・・・。
つまずいても、問題点を把握し、また次の対策を立てればいい。
「リ・スタート」、何度でも。
こくぼんも自分に言い聞かせています笑
GWがいい気分転換になればいいですね。



※お祈りメールとは
不採用通知メールのこと。
「~をお祈り申し上げます」「~をお祈りしております」という一文が最後に添えられているため、そのように呼ばれる。

  


Posted by ひめじキャリア勉強会  at 23:25Comments(0)こくぼんのシューカツ応援日記

2010年03月30日

ありがとう

卒業が決まったのに、なかなか就職が決まらない学生さんがいました。
毎日毎日、キャリアセンターに来ていました。
この時期で求人も少なく、正直長期戦になるかな・・・って思いました。
でも本人は弱音を吐くこともなく、「今、出来ることをやってます」という感じで淡々としていました。

卒業式があった3月某日、その学生さんがキャリアセンターを訪ねてきました。
「就職が決まりました」と。彼がやりたいと言っていた希望の仕事で、
1名の枠をみごとゲットしたとのことでした。
相変わらずいつもの淡々とした調子でしたが(笑)、でも明らかにいつもよりにこやかな姿でした。
その報告に嬉しくて、涙が出そうになりましたがグッとこらえて「おめでとう」と声をかけました。
粘り強く頑張れば、道は拓けるんですよね。
努力は絶対無駄にはならない・・・。
素敵なニュースに、1日ハッピーな気分で過ごせましたピカピカ
ありがとう。
  


Posted by ひめじキャリア勉強会  at 19:04Comments(0)こくぼんのシューカツ応援日記

2010年03月16日

5年後、10年後の自分

こくぼんです。

学生さんとの面談の中で
「志望している企業で、5年(10年)後はどうなっていたいですか(どうなっていると思いますか)?」とよく質問します。
エントリーシートでもよく問われますね。
明確にこうなりたい・・・ってイメージができれば志望動機は楽勝ですよね?
またイメージができなければ、その企業に対する志望度合いは低いのかもしれない・・・。
プライベートなことを書いたりする学生さんも時々いるんですが、企業側としてはそんなことどうでもいい。ビジネス上のおつきあい、ですから。
仕事に対する価値観を見たいんです。
企業にとってこの人は貢献してくれる人なのか?
仕事に対するモチベーションは?・・・等。
入社して、「思っていた仕事内容と違う」と辞めちゃう人もいます。
でも新入社員にいきなり仕事を任せる会社なんて「ない」です。
最初は雑用ばっかりでしょう。でも「将来のあるべき姿」が明確な人は、そこを乗り越えていけるのではないかと思います。



学生さんの本音は「今は就活で精一杯」で、5年(10年)後なんてイメージできない・・・です。
実際に働いたことがないんですもんね。こくぼんも正直、5年(10年)後なんて、明確には想像できません。
相談される側がこんなこといって、ごめんなさい大泣き
でもでもアセアセここ数年で、以前からやりたいと思っていた勉強をしようという計画はあります。
そしてどんな形でも、キャリア支援には係わっていたいです。
「あのときああすればよかった、こうすればよかった」という後悔だけはしていたくないです。

  


Posted by ひめじキャリア勉強会  at 22:22Comments(0)こくぼんのシューカツ応援日記

2010年03月02日

大学≒就活するための場?

先日学生から「卒業は決まったが、就職が決まっていない。在籍して、就活できないのか?」、という質問を受けました。
「新卒しか採用しない企業が多い、既卒になると求人がぐっと減ってしまう。」という理由から、そういう特別措置があるなら利用したいとのことでした。


仮にもし先延ばしに出来たからといって、必ず就職できる訳ではありません。その間、どう過ごすかで決まると思います。
大学は学問の場であることは勿論、生き方を考える貴重な場、色々な意味での学びの場であると思います。
最近では大学≒就活するための場になりつつあるのが残念です。
それは学生自身が一番感じていることかもしれませんね。

  


Posted by ひめじキャリア勉強会  at 23:58Comments(0)こくぼんのシューカツ応援日記

2010年02月23日

生き方は顔に出る?!

2/20(土)、第1回目の勉強会が開催されました。

「イマドキの若者と、どう向き合うか?」では
若者を取り巻く現状、彼らが社会に求めるもの等が確認できました。
以前より若者の気持ちや言動を理解して、カウンセリング出来そうです。
また事例検討でも、参加者の皆さんの活発な意見・体験談などが聞けて、大変勉強になりました。
(個人的には「ぐれっち」さんの採用にまつわるお話が興味深かったです。またお聞かせいただきたいです。)
よく「生き方や内面は顔に出る」、っていいますよね。
参加者の皆さんは全員、「いきいき」としたお顔で発言されていましたピカピカ


「若者がいきいきと働く、明るい未来をみんなでつくろう」というのが、この勉強会の目的。
支援したい側のこくぼんが「いきいき」してなきゃ駄目ですよね。
今のこくぼんは「いきいき」出来てるかな???
「いきいき」するにはどうすればいいのかな???


自問自答しながら、勉強会の帰りにフェイシャルマッサージに行きました。
リンパマッサージで溜まった老廃物を流すんです。
頬がピンと上がって、血行がよくなり若々しく、「いきいき」・・・・って違うやろパー
失礼しました、ちゃんちゃん音符


  


Posted by ひめじキャリア勉強会  at 23:19Comments(2)こくぼんのシューカツ応援日記

2010年02月16日

隣のぺこちゃん??

進路相談が終わった学生さんに別れ際、
「お姉さんはいつもここにいますか?また来てもいいですか?」と言われました。
こくぼんは嬉しかったですメロメロ
それは「私、おねえさんに見えるんだ。ぐふハート」・・・ではなく(笑)。
学生さんが親近感を持ってくれて、また相談に来ようと思ってくれたことが嬉しかったのです。
「近所のお姉さん」的存在に思ってもらえたのでしょうか。


「お姉さん」って呼ぶなんて、礼儀がなってないなぁと思う方もいるかもしれません。
確かにそうかもしれません。
でもキャリアセンターに行くのが面倒くさかったり・・・。
キャリコンも学生から見ればすごく大人で厳しそうで、ちょっと相談しずらいと感じる学生さんもいるかと思うのです。
でも隣のぺこちゃん???だったら緊張しないし、話やすいですよね。
それが私の強み(←大袈裟)でしょうか?!(笑)。


1人で悩まず、困ったことがあったら気軽に来てくださいね、待っています。
一緒に考えましょう。


  


Posted by ひめじキャリア勉強会  at 18:55Comments(1)こくぼんのシューカツ応援日記

2010年02月09日

エントリーシートの添削で思うこと②

履歴書やエントリーシートの添削時に学生さんから出る言葉。
「私(僕)には長所なんてありません」
「大学生活で、人にアピールできるようなことは何もやっていません」
「志望動機や自己PRの書き方がわかりません」
白紙で持ってくる生徒もいます。


そんなときは学生さんと一緒に自己分析や過去分析をやります。
例えば・・・「どうしてそうしたのか」
「その経験から何を得たのか」
「なぜそう思うのか」等々、いくつかこちらから質問を投げかけてみます。
すると・・・。いったんスイッチが入ると言葉が出てくる出てくる(笑)。
学生さんも嬉しそう。そんな様子を見て私も嬉しくなりますアップ
文章にすることが難しいだけだったんですねニコニコ


就職活動は自分でするものです。
もちろんそうですが、人に見てもらうことで新たな「気づき」があります。
友達や家族、バイト先等で「私ってどんな人?」ってインタビューしてみても
いいですよね。第3者に聞くことで自分自身を客観的に見ることができます。


・・・なんて言ってますが、自分をPRするのって確かに難しいですね。
こくぼん自身、ちょっと照れますわ赤面(笑)。
この仕事をする前は、「今時の若者は堂々としていて、自分に自信がある」という勝手なイメージがありました。
「アピール好き」だと思っていましたが、謙虚で素直な学生さんが多いです。
あれれ、タイトルとずれてきましたアセアセ
エントリーシートの添削で忙しい日々はまだまだ続きそうです。


  


Posted by ひめじキャリア勉強会  at 19:44Comments(0)こくぼんのシューカツ応援日記

2010年02月02日

エントリーシート添削で思うこと①

キャリアセンターに来る学生さん。
今は時期的に、エントリーシートの添削が多いです。
今日も朝~夕方まで添削、添削グー


「受かるエントリーシートの書き方を教えてください」
と言われることがあります。気持ちはわかります。
でも「こうすれば絶対受かる」・・・は残念ながら「ない」と思います。
ただ書く上でのポイントはあります。
明確な答えがないのはもどかしいです。でも答えがないから、自分流にやれるっていう楽しみもあります。
そう考えると少しは楽しくなってきませんか?

希望する企業先に媚たエントリーシートを書く学生さんもいます。
とにかく「エントリーシート」は通過したい、って思いからです。
そこまでしてしまう学生さんの思いに、切なくなるこくぼんでした。
みんな・・・頑張ろうねクローバー


こんな感じで、日々の業務で感じたことを綴っていこうと思います。

  


Posted by ひめじキャリア勉強会  at 17:48Comments(1)こくぼんのシューカツ応援日記